眼鏡的日常

目・眼鏡・コンタクトレンズ関連のニュースや情報。

2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の健康 意識調査

ファイザー、40歳以上対象に「目の健康」に関する意識調査結果を発表
(日経プレスリリース 化学・医薬品 10/27)

食生活や生活環境の変化などなどで
最近の40代はめっきり若々しいのですが
身体は正直だな、オイ、ってわけで
いろいろガタがきてると感じてるかたも多いでしょう。

でもまず着手してしまうのが
見た目重視の表面的なことなんですよね。

太ってきたからダイエット、
皺が目立つからリンクルケア、
白髪が増えてカラーリング…。

ところが目の老化というのは早いのです。
30代位から、といわれていますが
もっと早くから徐々に始まっており
かつ自覚症状が出にくいので
気付いた時には!…という恐ろしいことに。

わかりやすいのは老眼で
40くらいになれば誰でももれなくなっちゃいますが
「ババくさく見える」
なんて動機から眼鏡をかけない人や
「私はそんな年じゃない」と
むきになって視力検査の時頑張っちゃう人とか
いるわけですよ。

すっごく目を凝らして見えたとしても
それって無意識だけど
ずーっと力を入れて本を読んだり
パソコンをしたりしてるわけで
いうなれば
常に全力疾走してるようなもんですから
眼精疲労になったり頭痛が起きたり
肩がこったりするのも当然なのです。

試しにちょっと弱い度数の
リーディンググラスをかけてみて
ラクに本が読めると思ったら
無理しないで手元用の眼鏡を作りましょうね。

まぁ、老眼の場合、眼鏡をかけなかったからといって
すぐに失明しちゃうなんてことはありませんが
同じ老化現象でも
白内障の場合は放っておくと
どんどん見えなくなっちゃいますから
早期発見のためにも検診は必要です。

白内障は黒髪が白くなるように
水晶体が加齢で固くなって白濁する現象ですが
白髪と同じで若いウチからなってしまう人もいれば
高齢でもほとんどない人もいます。
でも差はあるにしても
大体なると思っていた方が良いでしょうね。
最近は手術も簡単ですからあまり怖がらないで。

誰でも、ではないですが
気を付けたい病気としては
緑内障や黄斑変性があげられます。

歯と同じで、痛くならないと
なかなか病院って行かないと思うんですが
そろそろメンテの必要な年なんだなーということを
自覚することは大切ですよね。
スポンサーサイト

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

ななこ

ななこ

お時間のあるかたは本館にもどうぞ☆
アフィリエイト・アダルト系対策で
TB及びコメント禁止にしています。
御意見などある場合も
お手数ですが本館へ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。